タグ:中高年の婚活 ( 13 ) タグの人気記事

冷酷


離婚とは?
一体なんなんでしょうね。笑
結婚したあの時、
こんな日が来るなんて、潜在意識の中の私は知っていたのかな?
覚えている限り、
自分の意識の中では、こんな日が来るなんて思ってもいなかったよ。
ははははははは 笑

唐突にすみません。

夫との結婚生活を振り返ってみると、
特に激しく喧嘩をしたことなんてほとんどありませんでした。
私や夫が浮気をしたとか、
夫婦の会話が無かったとか、
そんな理由は、全くありませんでした。


もちろん、
これらとは違う離婚の理由が、
私たちの中にあるんですがね。
まあ、かいつまんで言えば、
結婚生活10年間で、
夫との結婚生活に自ら、ギブアップ宣言をしたんです。
このギブアップ宣言は、
初めは私から声をあげたものだったけれど、
夫もそれに同意したのです。
「ここ何年も、僕は不幸だった」
私との生活の中で、とても不幸だったと言い放しました。
そんなこと、ちっとも知りませんでしたよ。


それがちょうど去年の今頃ですよ。
私はこの結婚生活で、
夫を信じていたことや夫への想いが、
ガラガラと音を立てて崩れ去りました。
ひと月前のクリスマスには、
お互い笑顔でプレゼントを交換して、
仲良し夫婦だと信じていましたからね。


そんな夫から、
不幸だったと言わせてしまった私は、
もう、いいやって思って、
こうして日本へ帰ってきてしまいました。
このブログにも書いたんですが、
去年の10月に、夫が私に会いにやってきてくれました。
そして、
滞在の最後にはほぼ仲直り状態で、
私がまた、オーストラリアへ帰るような流れにもなったのです。
しかし、
はて?
私がオーストラリアで夫と一緒に生活できないことを、
どれだけ夫はわかってくれたのか?と、
問いただしてみたら。
またまた、夫の怒りが爆発してしまいました。
そして、きっぱりとした決別を宣言させられました。
でもね、
不思議と、私の気持ちはホッとしたんです。
その決別を宣言されてから、
私には心残りがひとつだけありました。


愛する愛猫を、オーストラリアの家に残してきてしまったんです。
そのことが、気がかりでしょうがありませんでした。
私が先に日本へ帰るけれど、
ぜったい、
ぜったい迎えに来るからね。
心の中で、
毎日、何度も何度も唱えていました。


彼女(愛猫)と私は親友でした。
どんなに私が孤独で打ちひしがれた気持ちでいる時も、
夫には何も伝わらない私の気持ちを、
全て受け止めてくれたのは人間の誰とでもなく、
彼女だけでした。
太った体を私に擦り付けて、
なーなーと、
何か猫語で話しかけてくれました。笑
いつもいつも。
だから、私は彼女が大嫌いな雷が鳴ると、
雷が鳴り止むまで、一緒にそばにいてあげました。


夫に最後のお願いを伝えました。
「あの子に会いたい、
そしてこちらで暮らしたい。
お金は払うから、どうかあの子を日本へ送ってくれませんか」と。
すると答えは、素っ気なく。
「君が思っている以上に、お金も手間もかかる」ということと、
「君の猫の体調が良くないと思う」という返事でした。
彼女は、人間で例えると中年の域で、
でもまだ、そんなに歳はとっていません。
太り過ぎで、私がダイエット食の餌をあげていました。
夫は僕は動物好きという人間じゃないからという理由と、
長毛の猫は嫌いだから、君の猫も好きになれない。
醜い猫だ。
というのが口癖でした。

そんな夫だったので、
その後の彼女の健康状態が不安でした。
だから私は、
どうか獣医に見せてあげてくださいとお願いをしました。
それから、
なんの返事もなく二週間ぐらいが経過しました。
私の誕生日の次の日に、
その知らせを受け取りました。


「君の猫は、悪いけど安楽死させました。
脂肪肝の病気で僕はとても面倒は見られないので、
土曜日の朝に獣医に頼んでうちへ来てもらい安楽死させました。
せっかくの君の誕生日がこれで台無しですね」


この文章の最後に、
スカイプのキスマークのフェイスロゴがくっついていました。
頭の中が真っ白になりました。


それから、
私は、
これが夫なんだと思い直しました。


愛猫を殺された恨みよりも、
夫の精神の方が、それを上回るぐらい恐ろしかった。
私、こんな人と10年も一緒に生活していたんだ。
そう、
夫の精神は、
たまに私の理解を超えた冷たいものがあるのは知っていたけれど、
この計画的な私の誕生日を狙った事柄や、
それを私に知らせる文句を、
あの人は頭の中で、
計画的に考えていたんだという、
その恐ろしさで身が震えました。


愛猫の死をきっかけに、
夫の冷酷さの幅を測ることが出来ました。
別れの瀬戸際で、
私はかつて愛した人の本性を知ったのです。

やれやれです。



[PR]
by Blackcatbaggy | 2017-01-07 16:06 | 夫のこと


2020年のオリンピックに向けて、
今、東京は外国人観光客でいっぱい。

現在、
都内のビジネスホテルが87%の滞在率なんだそうです。
この数字は、ほぼ満室状態で、
夫がこの日本滞在日、直前スレスレで、
ツインのホテルを予約できたのは、
まさに奇跡に近かった。

そんなわけで、
私たちは空港から両国のホテルに、
向かったのであります。


約半年ぶりぐらいの夫と私、
やっぱり10年連れ添った夫婦だけあって、
肩を並べて歩いていいると、
違和感みたいなものがまるでないことに、
今更ながら思い知らされる。
私たちって、
なるべきして夫婦になったんだなって、
実感してしまう。

いかん!
いかん、いかん!

せっかく決意して、
はるばる日本へ帰ってきて、
就職して、
日本の保険に入り、
年金の手続きをしたんじゃない!

そう、頭の片隅で思いながらも、
夫と私はやっぱり、会話も楽しい。
もともと、親友みたいだものね私たち。

映画の話。
音楽の話。
くだらない冗談。
私の毒舌、
それを受け交わす、
夫のブラックジョーク。

こういうのって、
今まで、婚活した相手には決して持ち合わせていない空気。
こんな溶けるような雰囲気をかもし出せるのは、
残念ながら、このイギリス男しかいない。
そんなことはわかっているつもりだった。
だって、
私はもう夫のような気難しい男とは暮らしたくない。
だから、違う世界に生きる男性と出会いたいんだ。
でも、
実際どうなんだろうか?
そんな男たちを受け止められないでいる。
結局、私はまた夫と似たような人を探しているんじゃないんだろうか?


くそう〜、
と、心の中で自分の愚かさに呆れる。
そして、
私たちの運命ってなんてこう、
ややこしいんだろう〜と、
ため息が出る。

突然夫が街中で立ち止まった。
「あおまめ、明日は何の日か知ってる?」
唐突にそんなこと言われても、ピンとこない。
「❓❓」
「もしかして、忘れてるの?」
と、怪訝な顔の夫。
え?何だっけ?
頭が働かない。

「9月だよ、9月の下旬といえば!」

思い出した。

結婚記念日なんだ!

すっかり忘れていたよ。
ははははははは 笑
私は、苦笑いでごまかす。


この続きは、またね。





[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-10-13 14:15 | 夫のこと


夫が、(別居中の)
オーストラリアから日本へやってくる。
はるばる、
やって来るのであーる。
なんで?
いったい、なんのために?
そう夫に問うと、
「ほら、あおまめ(⬅︎私の名前)の荷物が、まだ沢山あるじゃない、
だから、僕が運んであげる」
だってさ。

荷物だけ送ってくれた方が、
お金がかからなくていいのにね。

羽田空港に朝6時に到着予定。
私は寝坊して、(汗)
山手線の中で遅刻するメッセージを夫へ送る…by LINE。
「ちゃんと迎えに来てくださいね」
そんな、切なそうな言葉で結んであった。
仕事明けの早起きなんて、無理。
「羽田に到着するのは、8時になるからね」
そっけない返事を送って、私は品川の駅で乗り換えた。
今日から、夫が日本へ来るために仕事を一週間休んだ。
心は少しもウキウキなんてしていない。
でも、
仕事を休めるのは良い気分転換になるのかなって思う。



羽田空港の到着ロビーは、
なんだか閑散としていた。
エスカレーターを昇ってすぐに、夫は赤いスーツケースと一緒にベンチで腰をかけていた。
私を見ると、指をさして、ほがらかな笑顔。
思わず、懐かしいな!
なんて思ってしまう私。

「久ぶりだね、相変わらず元気そうで!」と、
軽いハグをした後に挨拶みたいに言葉をかける。
もちろん、キスは無しだ!
「まあね、とりあえず元気だよね」と夫。
そんな感じで、夫と私の一週間東京滞在が始まった。



この続きは、また!





[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-10-13 12:04 | 夫のこと

So long sucker!



仕事帰り、
突然私のLINEに以前、少しだけチャツトした男性からメッセージが送られてきた。
その人は、自称都心に住むアメリカ人マイクで、
都内の金融機関に勤めていると言っていた人。
身長が190センチ以上で、なかなかのハンサムガイなんですか、
マイク、性格がちょっと微妙。
はじめてのチャットでお互い初対面(というのかな?)なのに、
なんだか上から目線で、態度がデカイ。

そんな傲慢な匂いも醸し出していた人なのに、

「僕はとっても孤独だ!」

と、意味深な弱気な言葉。

「どうしたの?」
「ねぇ、いますぐ会えないかな?」
「無理だよね、仕事で疲れているし」
と、そっけない私。
「僕は、本当に本当に孤独なんだよ!」

なんか、厄介な人だなと思いつつ。

「人間はみな孤独なのよ。あなただけじゃない」
「君も孤独なのかい?」
「私だけじゃなくて、人類みな孤独なんじゃないのかな?」

それでも、
彼の気持ちが収まらないみたいだった。

「ねぇ、セックスだけでいいからこれからどう?」
と、
私を何かと大間違いしているご様子。
怒りで心が震えるよ。

「いやだね」
と私がいい話した途端。

「へっ、君だって外人セフレを探しているんだろう?
俺は背が高い女が好きなんだ君みたいな!」

なんたる、アホ男。

「私はね、こんな無駄な時間をあなたとチャツトしているのが勿体無いの。それに西洋男なんてコリゴリだし、興味がないの。まぁ、せめていいセフレが見つかればいいね。So long sucker!」

なんか、
日本人女を売春婦と間違えている西洋男に、
たまにあたってしまいます。
こういう、人に当たってしまうとなんか心がすごく疲れる。

やれやれ。
フンだ!



[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-22 21:37 | 婚活の日々

若い人からの質問



f0374340_14344676.jpg


むかし、
新婚の時だったと思います。
まぁ、新婚と言っても私は晩婚なので、(汗)
その時すでに30代の後半だったんですが、
二十歳なりたての同僚女子から、

「外人とするセックスは、日本人とやるセックスと、
一体どう違うのか❓詳しく教えて欲しい」
そう真顔で尋ねられたことがあります。笑 ※私の元旦那はイギリス人だった為

よその国の人といえども地球人。
エイリアンとセックスするんじゃあるまいしねぇ。
なんて答えました。笑

いやはや、
もっと具体的に教えてあげればよかったんですかね❓

セックスの相性もそうですが、
恋人の性格の相性っていうものは、
どこの国や、
どの人種とならオッケーというんじゃなくて、
やっぱり、
個人と個人の相性なんだと思います。
お家とお家で繋がったカップルだって、
やっぱり、行き着く先は個人と個人であるのが私の理想です。

今まで、好きになったり、
自分が惚れて付き合ってきた相手って、
そういうもの(国とか人種)を取り払って、
どこか似たり寄ったりのところがあるもんですよね?

しかし、
これは私の個人的な経験ですけれど、
世間ではどうなんだろうか?

そういえば、
この間ネット婚活しているサイトから、
若い男性からメールをもらいました。
「10歳以上も離れた年下と、私と同じ世代、それから私よりも年上の男性で、
いったい、どの世代の男性に興味があるのか❓」
と、私に聞いてきました。

その差出人の彼は、
私よりもうんと、
約10歳以上年が若い人でした。

「年が若くても、しわがれて老いた心の持ち主はイヤですね」
と、そっけなく答えたら、その彼。
「そういう、しわがれたヤツには、
マムシドリンクをガンガン飲ませるべきなんですよね(^0^)」
なんて返信が返ってきました。

年増の女は、
激しく熱いセックスに飢えているのとでも思ったのかな?
なんとなく、カチンときたので、
「マムシドリンクなんかで解決できるような、
容易い問題じゃないんだけれどね!魂の若さの問題なのよ」
という言葉を送ってあげました。

精神と肉体はつながっているけれど、
元の心が老いると、
そんなものでは治せない。
私は、一番嫌なのは若い年寄り。
これは、男女関係なくいますよね。
小学生なのに、
おじちゃんみたいな子っていない? 笑

まぁ、
メッセージを送った翌日、その彼から。
「そうですね。そんな甘いものじゃないですよねー」
だって。

なんか、お説教婆さんみたいで、
ちょっと、自分に幻滅。
でも、ぶっちゃけ。
若い男性にはすごく興味があるんだけどな。
ふられちゃいました!
はははははははは……。(汗)


[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-20 19:47 | たわごと


再婚するからには、
まずは、
好きな人を見つけなきゃいけない
でも、
大人の女の恋愛にこの発想は、
全然、ダメ。
私の考えは甘いのかもしれない。

好きじゃなくても、
少しぐらい顔に難があっても、
ハゲで、
デブで、
チビで、
インキンタムシでも、
経済力がある男を見つけたら、
ノミのごとく相手にしがみつくのが、
中高年女子の婚活なのかもしれない。

四十代後半で、
私はカマトトぶるわけじゃないけれど。
やっぱり、
割り切れない思いがあるよ。
お金があっても、(無さ過ぎても困るけど)
ハンサムでも、(醜くても嫌なんだけど)
やっぱり、
フィーリングを重視してしまう。
うーん、難しい。

人は見かけじゃないという説は一理ある。
でも、
見かけやその人の外観というのは大事なこと。
いや、
非常に大事!
やっぱり、
内面と外観って40も過ぎれば滲み出てくるものだ。

写真を見ずに、
何度かお会いした人が幾人かいる。
待ち合わせで、
初顔見合わせで、
一目見て、
ああぁ、ダメ。
即効、家に帰りたくなったこともあった。

その中のひとりの名前は、
カルシゥムさんと言った。
職場の女性から、
カルシュウムさんは、
仲村トオルに似ていると評判だったと言うし、
カルシュウムさん自身が、
「イケメンじゃないけど、そこそこかな〜?」
なーんて、
非常にもったいぶった言葉を放つから、
私はてっきり中村トオルみたいな人かと、
信じてしまった。

f0374340_17524821.jpeg

が、

実際、
現れたカルシュウムさんの姿は、
細長くて陰気なぐらいやつれて、
どす黒い不健康な肌をした、



f0374340_17535017.jpeg


”南こうせつ”
みたいだった。(涙)
※南こうせつさん、ゴメンなさい。




思わず、心の中で叫んだ。
うっ、
嘘つき!って。

で、

実際お話を伺っても、
ひとりで、自分の話を永遠とする人だった。
それもすべて、
自慢話あんど、
誰それのお偉さんが僕の知り合いで〜とか、
お金はあるんだけど〜なんていう、
実にくだらない話の連続で、
最後の方では、
話を聞くのも、眠くてしょうがなかった。

こんなに、魅力のない話を永遠とできるカルシュウムさんは、
つまんない話をしたら、
誰も右に出るものはいないくらいの才能の持ち主。
だった!(涙)

それからもうひとり。
その人の名前は、
ソイボーイと言った。
メール交換では、
非常に頭の切れる真面目な男性というのが、
私がソイボーイさんに対する印象だったんだけど。
実際、お会いしたら、
妙なくらい真面目なおじさんで、
まるで、
中学校の教頭先生みたいだった。
居酒屋で差し向かいに座ったんだけれど、
進路指導でもされそうな雰囲気だった。

教頭先生と、
恋に落ちたいとは、
思えなくて、
その日を最後にメールを送るのをやめてしまった。

全く、
自分って、
女って、
めんどくさい。



[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-20 17:31 | 婚活の日々

琉球王族





そうそう、この間、
ネットで知り合ったGさんにあった。

胸ときめく展開にならないかったのは、
私だけじゃなくて、
恐らくGさんの心中も、そんなもんだったと察します。
あはは。 苦笑

だからと言って、
つまらなくて退屈だったわけでもない。
会話は、とても弾んでいたし、
Gさんは、頭の良いちょっとお坊ちゃんタイプで、
すごく、女性を立ててくれるサービス精神旺盛な男の人だった。

でも、
そう簡単に、
恋に落ちないもんですな! 笑

面白かったのは、
Gさんの片親(どちらか忘れちゃったけれど)
琉球王国の王族の子孫なんですって。

話をかいつまんで話すと、
琉球王族って、幾つかのファミリー交代があったようです。
その中で、
悪名高き王族が政権を握っていた時、
戦もなく、話し合い(?)で、
当時の側近が、琉球王族の後を継いだみたい。

なんか、
嘘でも、本当でも、
面白い話だと思いました。
でも、多分本当の話。

そんなGさんのお顔は、
縄文顔の目鼻立ちが濃い方でした。

店を変えて、
二軒はしごをして、帰りました。
おごっていただき、ありがとう。

でも、
もう、再び会うことはないでしょう。


[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-20 14:47 | 婚活の日々

なんとなく怖い




f0374340_11003219.jpg



昨日のこと、
日比谷で、会社の研修会があって参加した。
何十年か振りの日比谷公園を抜けて、
帰りは銀座まで歩きました。


f0374340_11392093.jpg



f0374340_11415047.jpg

今日はこれから、
ネットの婚活サイトで知り合ったGさんと会う。
だいたい、
ひと月に、一人か二人ぐらいサイトで知り合った男性に会っている。
でもね、
そのたびに思うのは、
私のハートは、
なぜかトキメいていないんですよね。

f0374340_11373520.jpg


そして今も、
トキメいてなんていない。

こんなんで、いいのか自分?


f0374340_11353163.jpg

そして、
出会う前って、
なんとなく怖い気持ちもあるんだよね。
ひと嫌いじゃない私だけど、
会う前はプロフをじっくり見て、
メッセージを何度か交わして、お会いしているけど、
初対面って、緊張するよ。


では、
シャワーに入って、
ちょっとばかり、お洒落して行ってきます。
せめて、
会話だけでも、楽しく過ごせたらなー

なーんてね。





※日比谷&銀座界隈を歩いて、写メしたのを載せてみました。







[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-16 11:48 | 婚活の日々

もう一度



同じ職場のMさんは、51歳。
元外資系のスッチーで、子供三人いる。(末っ子抜かして成人して独立)
そんな彼女は、
11年前強烈な個性を持った旦那様と離婚した。

元旦那さんと言う人は、
お金とおんなに抜け目がなくて、
暴力を振るった暴君だけど、
某有名外語大学の教授からお墨付きの語学の天才で、
11ヶ国語を操っていたらしい。

そんな彼女は口癖のように言っていること。

「男なんて、もうコリゴリよ」

子供たちも、ほぼ自分の手から離れた今、
彼女は今一人ぐらし。
それが、とっても自由で幸せなんだそうです。

私も今年、
夫の元を離れてこうして、
日本へ帰っちゃつていることを知って、
「男なんて、コリゴリですよね?」
そう、同意を求められるんだけど、
私は、まだなんとなくその悟りの極地まで行けないでいる。

そうなんだ。
私はもう一度、
魂が揺さぶられるような恋がしたいと願っている。
みんなから、
「馬鹿じゃないの!」と、
呆れられても、
私は恋愛がしたいのです!

もしや、
婚活よりも、恋愛がしたいのかな?
自分に問いかけてみた。



[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-14 22:25 | たわごと

Pさん



今日も仕事疲れて、へとへとです。
帰りのラッシュ、電車の中でスマホを取り出し、
名古屋に住む、Pさんがオンラインに繋がっているか?
すかさず、チェック。

はて、”Pさん”とは誰かというと、
最近知り合った婚活サイトの人。 (笑)
恋愛感情とかは全くないんだけれど、
なんか、おとなしくて、気軽にメールできる人なので、
帰りの電車とかでお話ししているだけの仲です。

「毎日何してるんですか?」とか、
「ビデオの録画見てます」とか言ってしまう普通の男の人。
仕事は、郵便局なんだって。
そう、
彼は郵便局員。
私は、生まれて初めて郵便局員の男性と世間話をしているのです。


多分、Pさんとはこんな感じで、
自然消滅してしまいそうなんだけれどね。

Pさんはあいにく、オンラインではなくて、
スマホを閉じて、
私は一人、つり革につかまり、
電車の中で、
立ち寝をして家へ帰ってきました。

こんな日もあるのよね。




[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-12 21:40 | 婚活の日々

婚活日記とか、日々のこと色々。


by Blackcatbaggy