その2 サイテーな女!それは私か?



2020年のオリンピックに向けて、
今、東京は外国人観光客でいっぱい。

現在、
都内のビジネスホテルが87%の滞在率なんだそうです。
この数字は、ほぼ満室状態で、
夫がこの日本滞在日、直前スレスレで、
ツインのホテルを予約できたのは、
まさに奇跡に近かった。

そんなわけで、
私たちは空港から両国のホテルに、
向かったのであります。


約半年ぶりぐらいの夫と私、
やっぱり10年連れ添った夫婦だけあって、
肩を並べて歩いていいると、
違和感みたいなものがまるでないことに、
今更ながら思い知らされる。
私たちって、
なるべきして夫婦になったんだなって、
実感してしまう。

いかん!
いかん、いかん!

せっかく決意して、
はるばる日本へ帰ってきて、
就職して、
日本の保険に入り、
年金の手続きをしたんじゃない!

そう、頭の片隅で思いながらも、
夫と私はやっぱり、会話も楽しい。
もともと、親友みたいだものね私たち。

映画の話。
音楽の話。
くだらない冗談。
私の毒舌、
それを受け交わす、
夫のブラックジョーク。

こういうのって、
今まで、婚活した相手には決して持ち合わせていない空気。
こんな溶けるような雰囲気をかもし出せるのは、
残念ながら、このイギリス男しかいない。
そんなことはわかっているつもりだった。
だって、
私はもう夫のような気難しい男とは暮らしたくない。
だから、違う世界に生きる男性と出会いたいんだ。
でも、
実際どうなんだろうか?
そんな男たちを受け止められないでいる。
結局、私はまた夫と似たような人を探しているんじゃないんだろうか?


くそう〜、
と、心の中で自分の愚かさに呆れる。
そして、
私たちの運命ってなんてこう、
ややこしいんだろう〜と、
ため息が出る。

突然夫が街中で立ち止まった。
「あおまめ、明日は何の日か知ってる?」
唐突にそんなこと言われても、ピンとこない。
「❓❓」
「もしかして、忘れてるの?」
と、怪訝な顔の夫。
え?何だっけ?
頭が働かない。

「9月だよ、9月の下旬といえば!」

思い出した。

結婚記念日なんだ!

すっかり忘れていたよ。
ははははははは 笑
私は、苦笑いでごまかす。


この続きは、またね。





[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-10-13 14:15 | 夫のこと

婚活日記とか、日々のこと色々。


by Blackcatbaggy