So long sucker!



仕事帰り、
突然私のLINEに以前、少しだけチャツトした男性からメッセージが送られてきた。
その人は、自称都心に住むアメリカ人マイクで、
都内の金融機関に勤めていると言っていた人。
身長が190センチ以上で、なかなかのハンサムガイなんですか、
マイク、性格がちょっと微妙。
はじめてのチャットでお互い初対面(というのかな?)なのに、
なんだか上から目線で、態度がデカイ。

そんな傲慢な匂いも醸し出していた人なのに、

「僕はとっても孤独だ!」

と、意味深な弱気な言葉。

「どうしたの?」
「ねぇ、いますぐ会えないかな?」
「無理だよね、仕事で疲れているし」
と、そっけない私。
「僕は、本当に本当に孤独なんだよ!」

なんか、厄介な人だなと思いつつ。

「人間はみな孤独なのよ。あなただけじゃない」
「君も孤独なのかい?」
「私だけじゃなくて、人類みな孤独なんじゃないのかな?」

それでも、
彼の気持ちが収まらないみたいだった。

「ねぇ、セックスだけでいいからこれからどう?」
と、
私を何かと大間違いしているご様子。
怒りで心が震えるよ。

「いやだね」
と私がいい話した途端。

「へっ、君だって外人セフレを探しているんだろう?
俺は背が高い女が好きなんだ君みたいな!」

なんたる、アホ男。

「私はね、こんな無駄な時間をあなたとチャツトしているのが勿体無いの。それに西洋男なんてコリゴリだし、興味がないの。まぁ、せめていいセフレが見つかればいいね。So long sucker!」

なんか、
日本人女を売春婦と間違えている西洋男に、
たまにあたってしまいます。
こういう、人に当たってしまうとなんか心がすごく疲れる。

やれやれ。
フンだ!



[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-22 21:37 | 婚活の日々

婚活日記とか、日々のこと色々。


by Blackcatbaggy