Prologue



2016年2月。
私にとってこの年は、
運命がひん曲がる年になった。


日本と逆さまな季節のオーストラリア。
2月だけれど、季節は夏の終わり。

あの日のことが脳裏に走る。
日が暮れて、
雨がしとしとと降っていた。
夫は厳しい顔で車の運転をしている。
ああ〜せめて、
こんな時ぐらい優しくしてくれてもいいのにと思う。


私はその助手席に座っていた。
頭は呆然として、うまく物事が考えられない。
今から起こる未来を思うと、
何だか底知れぬ恐ろしさがあった。
そうだ!
私は夫の車に乗せられて、
空港へ向かっていたんだ。


「本当に本当に、帰るのか?どうなんだ?」
何度か私に怒鳴る夫。
でも、
私はもう振り返ることができない。
本当はここで、Noって言えば、
家へ引き返して、
いつものような日常生活が待っている。
夫と私は、仲は良いのだ。
クリスマスプレゼントも交換してきた。
誕生日だって、お互いを祝ってきた。

でも、
もう、
あんな生活の中へ帰っていく勇気がないよ。
私は結婚に挫折していたんだ。
今まで、認めたくなかったけれど。
ここでの暗雲漂う未来に、終わりを告げるのは今しかない。

しかし、

日本へ帰ったからといって、
何も保証がないじゃないか!
46歳の中年女が、
いきなり日本へ帰ってきて、
どうやって生活していくというんだろう?

老いた両親が私を待っている。
ただ、それだけに思えた。
でも、
それだけが、
私に残された最後の救いのようだった。





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

[PR]
by Blackcatbaggy | 2016-09-07 20:24 | 初めまして、こんにちは。

婚活日記とか、日々のこと色々。


by Blackcatbaggy