冷酷


離婚とは?
一体なんなんでしょうね。笑
結婚したあの時、
こんな日が来るなんて、潜在意識の中の私は知っていたのかな?
覚えている限り、
自分の意識の中では、こんな日が来るなんて思ってもいなかったよ。
ははははははは 笑

唐突にすみません。

夫との結婚生活を振り返ってみると、
特に激しく喧嘩をしたことなんてほとんどありませんでした。
私や夫が浮気をしたとか、
夫婦の会話が無かったとか、
そんな理由は、全くありませんでした。


もちろん、
これらとは違う離婚の理由が、
私たちの中にあるんですがね。
まあ、かいつまんで言えば、
結婚生活10年間で、
夫との結婚生活に自ら、ギブアップ宣言をしたんです。
このギブアップ宣言は、
初めは私から声をあげたものだったけれど、
夫もそれに同意したのです。
「ここ何年も、僕は不幸だった」
私との生活の中で、とても不幸だったと言い放しました。
そんなこと、ちっとも知りませんでしたよ。


それがちょうど去年の今頃ですよ。
私はこの結婚生活で、
夫を信じていたことや夫への想いが、
ガラガラと音を立てて崩れ去りました。
ひと月前のクリスマスには、
お互い笑顔でプレゼントを交換して、
仲良し夫婦だと信じていましたからね。


そんな夫から、
不幸だったと言わせてしまった私は、
もう、いいやって思って、
こうして日本へ帰ってきてしまいました。
このブログにも書いたんですが、
去年の10月に、夫が私に会いにやってきてくれました。
そして、
滞在の最後にはほぼ仲直り状態で、
私がまた、オーストラリアへ帰るような流れにもなったのです。
しかし、
はて?
私がオーストラリアで夫と一緒に生活できないことを、
どれだけ夫はわかってくれたのか?と、
問いただしてみたら。
またまた、夫の怒りが爆発してしまいました。
そして、きっぱりとした決別を宣言させられました。
でもね、
不思議と、私の気持ちはホッとしたんです。
その決別を宣言されてから、
私には心残りがひとつだけありました。


愛する愛猫を、オーストラリアの家に残してきてしまったんです。
そのことが、気がかりでしょうがありませんでした。
私が先に日本へ帰るけれど、
ぜったい、
ぜったい迎えに来るからね。
心の中で、
毎日、何度も何度も唱えていました。


彼女(愛猫)と私は親友でした。
どんなに私が孤独で打ちひしがれた気持ちでいる時も、
夫には何も伝わらない私の気持ちを、
全て受け止めてくれたのは人間の誰とでもなく、
彼女だけでした。
太った体を私に擦り付けて、
なーなーと、
何か猫語で話しかけてくれました。笑
いつもいつも。
だから、私は彼女が大嫌いな雷が鳴ると、
雷が鳴り止むまで、一緒にそばにいてあげました。


夫に最後のお願いを伝えました。
「あの子に会いたい、
そしてこちらで暮らしたい。
お金は払うから、どうかあの子を日本へ送ってくれませんか」と。
すると答えは、素っ気なく。
「君が思っている以上に、お金も手間もかかる」ということと、
「君の猫の体調が良くないと思う」という返事でした。
彼女は、人間で例えると中年の域で、
でもまだ、そんなに歳はとっていません。
太り過ぎで、私がダイエット食の餌をあげていました。
夫は僕は動物好きという人間じゃないからという理由と、
長毛の猫は嫌いだから、君の猫も好きになれない。
醜い猫だ。
というのが口癖でした。

そんな夫だったので、
その後の彼女の健康状態が不安でした。
だから私は、
どうか獣医に見せてあげてくださいとお願いをしました。
それから、
なんの返事もなく二週間ぐらいが経過しました。
私の誕生日の次の日に、
その知らせを受け取りました。


「君の猫は、悪いけど安楽死させました。
脂肪肝の病気で僕はとても面倒は見られないので、
土曜日の朝に獣医に頼んでうちへ来てもらい安楽死させました。
せっかくの君の誕生日がこれで台無しですね」


この文章の最後に、
スカイプのキスマークのフェイスロゴがくっついていました。
頭の中が真っ白になりました。


それから、
私は、
これが夫なんだと思い直しました。


愛猫を殺された恨みよりも、
夫の精神の方が、それを上回るぐらい恐ろしかった。
私、こんな人と10年も一緒に生活していたんだ。
そう、
夫の精神は、
たまに私の理解を超えた冷たいものがあるのは知っていたけれど、
この計画的な私の誕生日を狙った事柄や、
それを私に知らせる文句を、
あの人は頭の中で、
計画的に考えていたんだという、
その恐ろしさで身が震えました。


愛猫の死をきっかけに、
夫の冷酷さの幅を測ることが出来ました。
別れの瀬戸際で、
私はかつて愛した人の本性を知ったのです。

やれやれです。



[PR]
# by Blackcatbaggy | 2017-01-07 16:06 | 夫のこと


私にとって、

波乱と怒涛の2016年が過ぎ去り、

新しい、2017年がやってきました。(イェーイ!)

明けまして、おめでとう。

10年ぶりの日本のお正月。

何もかも、新鮮で、

面白くて、美味しくて、

サイコーだね。


今日は、母と父と一緒に、

なん億年ぶりかの(大げさ)

初詣に出かけました。

すごーーーーく、楽しい。

出店の甘酒も美味しかった。

気持ちよく晴れている元旦だったので、

神様に宣言!

「新年は、いい人見つけるぞ!」



境内にて、

縁結びのお守りを、久々に買おうとしたのだけれど、

人が多くて、お守りが見つからず断念。
(でも、近いうちの再度トライする予定)

見かねた母が、私の干支の酉年のお守りをくれました。


なんか、

いいことありそうな年で、

今からウキウキだよ。



ではでは。





[PR]
# by Blackcatbaggy | 2017-01-01 17:05 | 初めまして、こんにちは。


「僕が日本へ帰ってきたのは、君に会いたいからだよ」

ささやく声で、

たった一度だけ、

夫はそう言った。

「ひどいことが、たくさんあった。

特に息子と君の間で……」

私は、なんか頭が真っ白になっていく。

えっ?

それだけだった?

私が夫の元を離れようと、決断した理由。




「君が帰ってきたければ、

もう一度オーストラリアへ戻ることもできる」

そんな言葉を残して、

オーストラリアへ帰って行った夫。

私は、

深く深く考え込んでしまう。



えーと、

私はなぜ、

夫と別れたいと思ったんだっけ!



この続きは、またね。

年が明けちゃうよ〜





[PR]
# by Blackcatbaggy | 2016-12-31 23:32 | 夫のこと

夫が日本へやってきて、

「どこへ行きたい?」と私が聞いても、

返ってくる返事はあやふや。

私は勝手に、

思い向くままの東京観光案内。


御茶ノ水の古本街へふらついたり。

東京新国立美術館で「サルバドール・ダリ」を見て、

新宿のジャズ喫茶で、マイルス・デイビスの音楽を、

ただ、

ただ、耳を傾けたり。



歩き疲れると、

時に二人話すこともなく、

スタバで休んだ。

そういえば、

高尾山へ初めて出かけたのよね。

山の頂上から、

山の頂を堪能できると思ったのに、

人の多さに、酔ってしまったり。


そんなとき、ふと頭に浮かんだ。

「このひと、なんで日本へ来たんだろう?」

私は夫が隣にいるのにもかかわらず、

スマホで婚活サイトを開き、未来の彼氏探し。

全く、

何してんだろう私たち。

私は、何したいんだろうって、思いながらの東京案内。



最後の滞在の日。

その日の夕方に夫がオーストラリアへ旅立つ日。

なんか泣けてきた。

ホテルを出て、朝の散歩でちょっと歩いた時に、

涙が止まらなくなった。



この続きは、またね。

年が明けちゃうよ〜






[PR]
# by Blackcatbaggy | 2016-12-31 23:08 | 夫のこと


2020年のオリンピックに向けて、
今、東京は外国人観光客でいっぱい。

現在、
都内のビジネスホテルが87%の滞在率なんだそうです。
この数字は、ほぼ満室状態で、
夫がこの日本滞在日、直前スレスレで、
ツインのホテルを予約できたのは、
まさに奇跡に近かった。

そんなわけで、
私たちは空港から両国のホテルに、
向かったのであります。


約半年ぶりぐらいの夫と私、
やっぱり10年連れ添った夫婦だけあって、
肩を並べて歩いていいると、
違和感みたいなものがまるでないことに、
今更ながら思い知らされる。
私たちって、
なるべきして夫婦になったんだなって、
実感してしまう。

いかん!
いかん、いかん!

せっかく決意して、
はるばる日本へ帰ってきて、
就職して、
日本の保険に入り、
年金の手続きをしたんじゃない!

そう、頭の片隅で思いながらも、
夫と私はやっぱり、会話も楽しい。
もともと、親友みたいだものね私たち。

映画の話。
音楽の話。
くだらない冗談。
私の毒舌、
それを受け交わす、
夫のブラックジョーク。

こういうのって、
今まで、婚活した相手には決して持ち合わせていない空気。
こんな溶けるような雰囲気をかもし出せるのは、
残念ながら、このイギリス男しかいない。
そんなことはわかっているつもりだった。
だって、
私はもう夫のような気難しい男とは暮らしたくない。
だから、違う世界に生きる男性と出会いたいんだ。
でも、
実際どうなんだろうか?
そんな男たちを受け止められないでいる。
結局、私はまた夫と似たような人を探しているんじゃないんだろうか?


くそう〜、
と、心の中で自分の愚かさに呆れる。
そして、
私たちの運命ってなんてこう、
ややこしいんだろう〜と、
ため息が出る。

突然夫が街中で立ち止まった。
「あおまめ、明日は何の日か知ってる?」
唐突にそんなこと言われても、ピンとこない。
「❓❓」
「もしかして、忘れてるの?」
と、怪訝な顔の夫。
え?何だっけ?
頭が働かない。

「9月だよ、9月の下旬といえば!」

思い出した。

結婚記念日なんだ!

すっかり忘れていたよ。
ははははははは 笑
私は、苦笑いでごまかす。


この続きは、またね。





[PR]
# by Blackcatbaggy | 2016-10-13 14:15 | 夫のこと

婚活日記とか、日々のこと色々。


by Blackcatbaggy